一級建築士監修:「防火地域」について

家を建てる予定の土地、これから購入予定の土地が「防火地域」に位置していたら?

自分の土地がもし「防火地域」にあったら、建てられる建物が制限される場合があります。そこで、「防火地域」や建物の「制限」についてご説明します。

「防火地域」とは

「防火地域」は都心や街の中心部、繁華街などに多く見られます。高層の建物が多く密集している地域です。とても便利な場所ですね。

こうした場所で万が一、火災が発生してしまうと、より多くの建物に燃え広がる可能性が高く、被害がさらに広がってしまう恐れがあります。人の命、皆の財産を守るため、建てられる建築物に制限がかけられるようになりました。

「防火地域」とは、皆の安全を守るための仕組みです。

「防火地域」内の建築制限

建物の大きさ(階数や面積など)によって制限が定められています。

階数延べ面積構造制限
3階以上(地下を含む)制限なし耐火建築物
2階以下100㎡超耐火建築物
2階以下100㎡以下耐火建築物または準耐火建築物
※適用外もあります。

自分の土地が「防火地域」にある場合には、それなりの対策が必要になるということです。

「防火地域」に建設する良いこと

「防火地域」内に家を建てるとなると、いろいろある…ということはわかりましたが、ちょっと良いこともあります。

外壁

外壁を耐火構造にした建物は、外壁を隣地境界線に接して作ることができます。要するに、土地(庭)が少し広くなります。

建ぺい率

敷地内の建物すべて耐火建築なら、建ぺい率(敷地面積に対する建築面積の割合)の限度が緩和されます。要するにちょっと広い建物を建てることができます。

関連記事

  1. 一級建築士監修:「準防火地域」について

  2. 一級建築士監修:「準耐火建築物」について

  3. 一級建築士監修:「耐火建築物」について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP