「準耐火建築物」について

「準耐火建築物」とは

「準耐火建築物」とは「耐火建築物」よりも少し基準が緩いけれども「火」に「耐」える「建築物」です。「耐火建築物」は、火災が終わるまで耐えなければなりませんでしたが、「準耐火建築物」は、「ある程度の時間」耐えることができ「簡単には」倒壊も延焼もしない建築物です。

住む人が安全に避難できる時間は耐え、建物の周囲に火災を広げない建物です。

準耐火性能の基準

万が一の火災の時、どれくらい耐えてくれたら「建物の中にいる人が安全に避難できる」のかについて、基準が定められています。

非損傷性の基準:建物が倒壊するのを防ぐ性能

柱・梁・耐力壁・床 45分
階段 30分
屋根 30分(軒裏は除く)

遮熱性(壁・床及び軒裏)の基準:壁や床、軒裏が可燃物が燃焼する温度以上に上昇しない性能

延焼のおそれのある部分 45分間
延焼のおそれのない部分 30分間

遮炎性(外壁及び屋根)の基準:外壁や屋根が屋外に火炎を出す原因となる亀裂や損傷を生じない性能

延焼のおそれのある部分 45分間
延焼のおそれのない部分・屋根 30分間

耐火建築なら圧倒的施工実績のアイ建設にご相談ください

準防火地域について」のページにも書きましたが、東京23区のほぼ全域がこの「準防火地域」になります。
準防火地域での一戸建て・マンション・アパート等の新築をお考えの方、ぜひアイ建設にご相談ください。
クリニック、設計事務所様の複雑な施工も得意としています。

アイ建設は耐火建築の経験・価格ともに自信があるからこそ、常に最安値に挑戦しています!

PAGE TOP